自分らしく生きる

せっかく時間を作っても“やりたいこと”が進まない3つの原因

投稿日:2012年10月3日 更新日:

やっと自分の時間が作れたのに、なぜか“やりたいこと”ができていない…そんなことはありませんか?

たとえば「時間ができたらスキルアップの勉強をしよう!」と予定を立てても、いつの間にか一日が終わってしまい、明日こそやろうと思いつつ1週間が過ぎていたり、

『今日こそは、子供を早く寝かせて、しっかり自分の時間を作ろう!』と思っていたのに、気が付いたらネット見てるだけで1時間経っていて何も進んでない・・・そういう事ありませんか?

こんな状態が続くと、何もできない自分が嫌になってきたり、ストレスも溜まってきてしまいます。

せっかく時間ができたのに、本当にやりたいことが進まないのは、どうしてなのでしょう?その原因と対策について考えてみました。

時間が出来ても『やりたい事』ができない理由

時間ができたら絶対しようと思っていたことなのに、なぜか進まない…その理由は大きく分けると3つかもしれません。

1.『リラックスモード』に入ってしまう

時間を空けようと一生懸命頑張っているときは、頭もフル回転しているので「時間ができたら、あれしたい、これもしよう」と考えるのですが、

いざ時間ができると、ものすごくホッとしますよね。「やっと一息つける♪♪」と思った瞬間、頭が休憩モードに切り替わってしまうんです。

いつも頑張っている、働くお母さんの身体って、本当は『休めるときには、休みたい』と思っているハズなんですよね。動物の本能として、一旦OFFになったら、ONにしたくないのかもしれません。

疲れているなと感じたら、割り切って『今日は休む!』と決めてしまうのも1つの方法です。「やらなきゃ…」と思いながらダラダラ休むより、休むと決めて休んだ方が10倍スッキリ疲れが取れますよ!

そうは言っても、やりたい事が進まないのもモヤモヤするので、できるだけ頑張らずにどうにか動けるようにしたい!と思った方は次へどうぞ。

2. 『最初の一歩』が決まっていない

「さぁ時間ができた!・・・で?何から手を付けようかな?」と考えたりしていませんか?せっかく時間を作ったのだから、すぐに行動できる工夫をして、もっと時間を有効に使いましょう。

時間ができたとき、すぐに初めの一歩を踏み出せるようにするには、やるべきことを『レシピ化』してしまう方法がおススメです。

料理のレシピみたいに、これからやることの『材料』や『手順』を書いておけば、今やるべきことがすぐにわかりますよね。

初めの一歩は『頑張らなくてもできる』本当に小さなことからスタートするのがおススメです。

例えば「時間があいたらスキルアップ試験の勉強をすすめたい」と思っている場合、

  1. 〇〇の本とノートを取り出す
    (テーブルが散らかっていたら3分で片づける)
  2. 前回終わったところを開く(付箋で目印をつけておく)

本を出すだけ、本を開くだけなら、面倒でもとりあえずできそうな気がしませんか?

大きな車輪を転がすにはとても大きな力が必要ですが、少しでも動き始めたら後は少しの力を加え続けるだけで前に進めることができます。

一歩を踏み出した後は「とりあえず3分だけやってみよう」くらいの軽い気持ちで取り組んでみましょう。いつの間にか集中ゾーンに入れると思います。

もし、手を付けたのに集中できない時は、次の方法も試してみてください↓

3.『やる気スイッチ』が入らない

やりたい事なのに、いまいち集中できない、やる気が起きないという時は、“面倒”という気持ちに負けてしまっているのかもしれません。

無理に頑張ろうと思っても、なかなか「やる気スイッチ」は入りませんし、少し休憩してから…あと1本動画見てから…なんて思っていると、大事な時間があっという間に過ぎ去ってしまいます。

こんな時は、あらかじめ「やりたいけど、面倒だな」に勝てる、ちょっとした“仕掛け”を作っておくのがおススメです。

先ほど「やることをレシピ化しましょう」とお伝えしましたが、それをメモに書きだすとき、横に『なぜ、それをやりたいのか』を一緒に書いておくのです。

コツは「やらなければならない理由」ではなく「やりたい理由」「それをやると、どんな“いいこと”が起きるのか」「もし“やらなかったら”どうなるのか」を書いておくという事です。

やらなきゃ…と思うとツラいですが、行動の先に待っているイイ事を見てしまったら、少しでもやっとこうかな!と思えますし、やらなかった事を書いた場合は、最悪パターンを考えて少しでも進めとこう…と思えたりします。

見るだけで気分が上がる、考えただけでついニヤニヤしてしまうような『いい気分』になることができれば、それだけで『やる気スイッチ』が動き始めます。

まとめ

仕事をしながら、家事も育児もこなすお母さんは、本当に時間がいくらあっても足りないですよね。

毎日の、ほんの1~2分という僅かな時間でも、1年単位で考えれば何時間もの時間短縮になります。いつもの行動に、少しだけ工夫をプラスしてみてくださいね。

あなたの本当にやりたいことが、どんどん進みますように!

-自分らしく生きる

Copyright© AlphaR , 2018 All Rights Reserved.