自分らしく生きる

人に振り回され過ぎ…?もっと自分らしく生きるコツ

投稿日:2014年9月28日 更新日:

こんばんは、ユイコです。
休日、楽しめましたか?

私はというと、
すご~く不機嫌な声で、
妹から相談の電話がかかってきました
( ̄■ ̄;)?!

私は離婚でシングルになりましたが
妹は、未婚のシングルマザーです。

大変な時は、お互い助け合っていかないとね!

というわけで、
何をそんなに怒っているのか聞いてみると

声の調子ががさらに高くなって、

「せっかくの休みだったから、
娘を遊びに連れて行ってあげようと思ったのに、
どこ行きたいって聞いてるのに、なかなか決まらないし、
支度するのに1時間以上かかってるし、
つい、急ぎなさいって言っちゃったら
ふてくされて、どこにも行かないって言うのよ!?(怒)
もう、子供1人置いて、
一人で遊びに行っちゃおうかと思ってね?!」

そう話している間にも、
電話口で、小学3年生の娘ちゃんとキーキー大喧嘩(;´▽`A``

「子供のために仕事の都合をつけて休んだの!
せっかくだから、行きたい所へ連れて行ってあげたかったし、
たくさん遊べるよう早めに家を出たかっただけなのにっ!」

うんうん、子供を想う親心だよね。

「でも、娘がいう事を聞かないの!
もう、振り回されるのは、うんざり!!!」

・・・あれ?

子供のために頑張っているハズなのに、
いう事を聞かせようとは、矛盾していないかい??

しかも
『子供に振り回されている』と感じているようです。

大切な人の為だからこそ
自分を犠牲にして頑張っているのに
なかなか報われない…

人に振り回されてばかりいると

私って、何のために生きてるんだろう…
自分の人生って何だろう……

そんな自分が人の奴隷になってしまったような
とても、つらい気分になります。

本当はもっと、子供とワクワクしながら、
どこへ遊びに行くか決めたいですよね。

例えば、
遊園地には開園直後に到着するように早めに出ると
時間たっぷり楽しめるから、
遊園地に着いたら、まずは遊園地マップを広げて
「この人気アトラクションは必ず乗ろうね♪」と印をつけて、

アトラクションに並ぶ待ち時間があったら
いつもは、忙しくてなかなか聞いてあげられない分まで
一緒にたくさん話をしよう♪

それでも時間が長く感じられそうなときは、
お気に入りのジュースと3DSがあれば万全(笑)

楽しい音楽と小さい子供たちの声で
大賑わいの遊園地内で思い切り遊んだら、
帰り道に、話題のソフトクリーム屋さんに寄り道しよう。

冷たくて甘~いソフトクリームをほおばった後、
車の後ろのシートで、遊び疲れてぐっすり眠ってしまった
満足そうな子供の寝顔を、車のバックミラーで見ながら、
今日一日の事を思い返しすと自然と笑顔になる。

素敵な一日だったな♪
また遊びに行けるよう、明日からも仕事頑張ろう!

・・・そんな風に、子供と一緒に、
笑顔で楽しい時間を過ごしたいですよね。

少なくとも、計画する段階では、
こんな幸せな光景を思い浮かべていたのだと思います。

幸せなプランを、思い通りの現実にするには、
どうすれば良かったのでしょうか?

人に振り回されることなく、
毎日楽しく、そして、自分らしく生きるには、
どうすればいいのでしょう??

人に振り回されている人って、
ダメな人じゃなくって、『優しい人』なんです。

そもそも
自分を犠牲にしても、人を優先するなんて、
優しくない人には絶対に出来ません。

だから
一生懸命人に尽くそうとするのですが、
自分を精一杯犠牲にしていると、
どうしても、心が擦り減ってしまいます。

もともと優しいので、
人が怒ったり、何かが起こっても
自分自身を責めてしまう事もあります。

子供の頃から、
「我慢しなさい!良い子にしなさい!」
と言われて育っている人は、
良い子でない自分を責めがちです。

「こんな自分は悪い子だから、誰にも愛してもらえない」
と、無意識に思っちゃうんですね。

我慢しないこと=悪い事だと
小さいころから刷り込まれて育った子供は、
大きくなっても、我慢しない事、自由にふるまう事に
とても罪悪感や、違和感を感じてしまうのです。

本当は、
現状を自分で変えられる力を持っているのに、

過去に刷り込まれた『当時は正しかったこと』が
今のあなたを見えない柵の中に
閉じ込めてしまっているのかもしれません。

もしあなたが、
もっと自由になりたいと思っているのなら、
必ず変わる事ができます。

あなたの人生は、
あなたが自分で選び取る事が出来るものです。

あなたは、もっと
自分の人生を生きていいんです(*^-^)

優しいあなたは、
ずっと人を優先してばかりで、
自分を犠牲にしていたのかもしれません。

でも、
自分をもっと大切に扱えるようになると、
ワガママと思われるどころか、
周りの人も、あなたを大切に扱ってくれるようになります。

なぜなら、
「している」のと「させれている」のは、
大きな違いがある
からです。

「やらなきゃ」と思っていると、
「やらされている」気持ちになります。

それは、誰にやらされているのでしょう?
無意識に、人のせいにしていませんか?

「したいことを、やっている」のならば、
ストレスはとても少ないですよね。

自分で決めて、思った通りに動く。

これは自分らしさを手に入れるために
欠かせない要素だと思います

自分を取り戻すために、
まずは、一歩を踏み出してみましょう♪

-------------------------------
自分らしさを取り戻す3ステップ
-------------------------------


【1】

一番『やらなきゃ』と思っている事は何ですか?
1つだけ、思い浮かべてみてください。

やらなきゃならない事、1つ思い浮かびましたか?


【2】

あなたは、なぜ、
それを『やらなきゃならない』のでしょうか?

   
  
それをすることで、
あなたは幸せになれるのでしょうか?

あなたの大切な人を幸せにできるでしょうか?

   
それとも、

あなた以外の誰かが得して、
自分は損してしまうよう様な事でしょうか?

   
もし、

やらなかったら、どんな悪い事が起きますか?
やったら、どんな良い事が起きますか?

どうぞ、じっくり考えてみてください。

もし『そうするしかない』と思ったあなたは、
考え方の悪いクセが出てますよΣ(゜口゜;

1人頭の中で考えている時くらい、
もっとワガママになってもOKですからね★


【3】

『やらなきゃならない理由』が見えてきたら、
自分に、心の中で
「やる?やらない?」と聞いてみてください。

やる!という言葉が思い浮かんだら、
今できる事を、すぐに1個だけでいいので、
「さぁ、やろう!」と言いながら、やってみましょう。

…別に声に出して言うことないじゃん…
と思うかもしれませんが、

言えば、どんな簡単な事も『有言実行』という
成功体験に繋がります。

やった後の満足感が全然違うので、
騙されたと思って「やろう!」って言ってみてくださいね★

もし、
これだけ考えて、やらない!と思えるのなら、
我慢してやるより、やらないほうが幸せになれると思います。

断るか、人に頼むか、
『やらなきゃ』という考えを捨てるか、
とにかく
ストレスを減らす方向で考えてみましょう。

もし、仕事などで
「今日はやらないけど、明日はやらなきゃマズイ」
という事があるなら、

今は、やりたいこと、
楽しいと思える事を優先してみてください。

心が疲れているときは、
誰だって動きたく無くなるものです。

心に栄養を与えてあげれば、
必ず物事は良い方向へ進み始めます

-------------------------------

こういうのは、たいてい
『すぐ思い浮かんだことが最終的な答え』です。

深く考えれば考える程、
過去の記憶フィルターがかかってしまいます
ので
特に『やるか、やらないか決断するところ』は
あまり考えずに答えを出すのがコツですキラキラ

自分に素直になって、よーく考えてみると、
『しなければならない』思っている事の多くは、
自分で勝手に思い込んでいるだけで、

本当は
『してもしなくても変わらない事』だったり
『自分じゃなくてもいい事』である場合が、
たくさんあったりします。

やりたくない~。
でも、やらなきゃ~…

そんなことを考えている時間を
一日たった5分間だけも減らすことができたら、

1週間で、35分
1か月で、2時間30分
1年間で、30時間

という自由時間を手に入れる事ができます^^

人に振り回されない、自由な人生のために、
はじめの一歩を、ぜひ踏み出してくださいね。

応援しています!

追伸:

妹の娘ちゃんに電話を代わって事情を聴いたら、
本当は、お母さんにゆっくり甘える時間が欲しかったみたい

だから遊びに行くよりも、
お母さんと二人っきりでいられる、家の中でグズグズしてたんでしょうね。

妹は、初めの内は
「もう何もしない!どこにも行かない!」と怒ってましたが、

それじゃ、娘ちゃんが
「何もできなかった。我慢させられた」と思うでしょ??
だから、そんなときは、少しだけ言い方を変えるのだよ。

「じゃ、一緒に家でゴロゴロしていようか♪」
って言うと、
家で何もしなくても、娘ちゃんは
「今日はお母さんと一緒にゴロゴロできた♪」
と、満足してくれるんじゃないかな??

お母さんも、疲れた体が癒せて一石二鳥だしね 好

「ん~・・・・やってみる」
と、腑に落ちない口調で電話を切りましたが、
夕方には、ご機嫌な娘ちゃんの写真がケータイに送られてきました。

よかった、よかったキラキラ

ストレスたまってると、
なかなか子どもに優しく接してあげられない…と
お悩みのお母さんには、こちらの方法もおススメです▼

-自分らしく生きる

Copyright© AlphaR , 2018 All Rights Reserved.