健康

呼吸するのを忘れる・・・息苦しい時の対処法

投稿日:2015年9月18日 更新日:

仕事が忙しい日が続くと、
息苦しい(呼吸しづらい)感じになって困っていたのですが、

最近、パソコン作業などに集中している時、
無意識に息が浅くなったり、
息をするのを忘れる癖がついているという事に気付きました。

病院に行っても、特に異常はないと言われ、
今まで「ストレスのせいで仕方ない」と思い込んでいましたが、
身体のクセが原因なら、意識するだけで治せるんですよね。
ストレスはすぐになくならないけど、身体なら対処できます!

呼吸が浅くなって息苦しい時に、いろいろと調べて試した結果、
効果があった方法をご紹介します。

息苦しいと感じた時にチェックしたい3つのポイント

1)呼吸をチェック

まず、深呼吸してみましょう。
うまく息が吸えますか?

息苦しい時には、もっと息を吸おうとしてしまいますが、
深呼吸しても、空気が入ってこないと感じる時は、
肺の中に古い空気が残っていて、
新しい空気を吸い込むことが出来なくなっているかもしれません。

無理に息を吸おうとせず、
一旦、息を吐き出し切ってみましょう。

▼詳しい方法はこちらに書きました。
息が浅い…無意識に息を止めてしまうクセを治すには?

呼吸が浅くなってしまう原因や、その対処法についても書いていますので、お時間のある方は見てみてくださいね!

2)姿勢をチェック

座っている時、立っている時の自分の姿勢をチェックしてみましょう。
猫背になっていませんか?

背中が丸まって、肩が前の方に縮こまっていると、
一緒に、肺も圧迫されてしまっているかもしれません。
胸を張って、顎を引いた正しい姿勢を心掛けましょう!

・・・とはいえ、
慢性的に運動不足な私のような人は、
正しい姿勢を保つだけでも結構疲れるんですよね(汗

無理なく自然に続けられるようにするためには、
環境を見直すというのも一つの手です。

例えば、デスクワークが多いのなら、
椅子が体に合っているかもチェックしてみましょう。

オフィスチェアは男性サイズになっている事が多いので
背もたれに背中が付かないようならクッションをプラスしたり、
足は床が着かないなら、足置き台(フットレスト)を置くだけでも
かなり身体の負担も減りますし、猫背グセも改善できたりします。

3)息苦しくなりやすいタイミングをチェック

息苦しいのは、もしかすると
精神力で頑張ろうと、無理をしすぎた身体からのサインかもしれません。

家事・育児・仕事と、日々頑張っているお母さんたちは
かなり無理をしがちです。

「ゆっくり休みましょう」なんて言われても、
ゆっくりできる暇があったら、こんなにストレス溜まってないわ!
としか、思えなかったりします(笑)

心身共にゆっくり休める時間が取れない時には、
まず、自分がどういう時に「息苦しい」と感じるのかを
チェックしてみる事をおススメします。

自分がどんな事にストレスを感じているのか
ハッキリ分かるようになれば、
原因を1つずつ改善する事ができるようになります。

寝不足が原因かもしれないと気付いたら、
寝る前3分のストレッチや、睡眠誘導の音楽を試してみたり、

仕事が忙しい→部屋が散らかる→心が荒れる
という法則に気づいたら、
目についた一か所だけ掃除してみるとか

悩みや不安な事が頭から離れず、
グルグル同じことを悩んでいるような時は、
チラシなど裏紙に、
考えている事を書き殴って丸めて捨てるとか(笑)

疲れているからと何もしないと、結局何も変わらないので、
良い方向に行きそうな簡単なことを1個だけ試すと良いですよ。

自分の事が「後回し」になっていませんか?

隠れた病気があると大変なので、
体調が悪い時、まず病院で診てもらうのはもちろんですが、

病院で検査しても悪い所が無くて、
お医者さんから「ストレスを減らすように」とだけ言われた私は、
この方法で、かなり息苦しさを改善できました。

ストレスはすぐ改善できるものではないけれど、
日頃の行動に少し気を付けるだけなら、
薬も使わず、今すぐカンタンにできます(^-^)

人間は、酸素が無いと生きていけません。
呼吸が上手く出来ずに酸素不足になると、
頭痛や肩こり、頭の回転が鈍くなったり、
精神的にも落ち込んでしまったり、悪循環になってしまいます。

ストレスから逃げ出したい気持ちになったり、
心が疲れているなと感じたら、
一日1回でも良いので、自分自身を客観的に見てみる
あなただけの改善方法が見つかるかもしれません。

-健康
-,

Copyright© AlphaR , 2018 All Rights Reserved.